七五三の準備はOK?~3歳女の子編~

~これから七五三を迎える、3歳の女の子の準備~

こんにちは!こだわりきもの専門店キステです。

さて、秋に入って、3歳、5歳、そして7歳の我が子がいる、お孫さんがいる方はソワソワとし始めるころではないでしょうか…

そう、秋は七五三のお祝いの時期

神社に詣でるのは全国でも地域差がありますが、一般的には11月15日に行う方が多いこの行事。

今回は、七五三のお祝いを初めてする「3歳」のお嬢様向けに、

「何を用意したらいいの?」

という、お祝いに必要な基本アイテムや

「どうしてこのお祝いが始まったの?」

という、行事の由来までご紹介します。

不安を無くせば、当日がもっと素敵な一日になるはずです!

七五三の着物、何を準備したらいいの?

3歳の女の子は「被布」が一般的

被布(ひふ)は、着物の上に羽織る上着の一種で、上の写真の一番外側のもののこと。

着物というと、おなかの部分に帯を締めて…という姿が浮かびますが、3歳の幼子に長時間の「帯付き」は大変。

ということで、今はこの「被布」が主流となっています。

hihu1-1

上の写真は袖付きデザインの被布。

シンプルな祝い着(下の白・無地のきもの)に華やかな被布姿は良く映えます。

反対に、華やかな祝い着に、華やかな柄の被布も、どちらも可愛い着姿になります。

>>被布セットをもっと見たい方はこちら

被布姿に必要なものとは?

祝い着、襦袢、半衿、草履、志古貴(しごき)・兵児帯(へこおび)…色々あります!

被布を着るにあたって、必要となるのが上記のアイテムです。

それぞれ画像つきで解説していくので参考にしてくださいね!

祝い着

hihu1-2

「三つ身」または「四つ身」と呼ばれる、子ども用にサイズのきもの。

被布の下のきものの部分です。

体格が合えば、お宮参りの時の「初着」(一つ身)でもOKです。

四つ身なら、7歳のお祝いのときにも着られますが、3歳で着る時には大幅な揚げの調整が必須です。

揚げとは?

子どもの着物に必ずされているのが「肩あげ」と「腰あげ」です。

hihu1-9

上の写真が「肩あげ」。織り込んで縫い留めてあります。

hihu1-10

これが「腰あげ」。おはしょりと似ていますが、こちらはあらかじめ縫い留められています。

これは、我が子が「もっと大きく育ってほしい」という願懸けに由来しています。

少し大き目の着物にして、腰あげ・肩あげをするのには、こういった素敵なエピソードがあったんですね。

襦袢

被布5

祝い着の下に着て、祝い着に汚れが付くのを防ぎます。

この襦袢の衿元に、下に出てくる「半衿」を縫い付けます。

>>この裾よけ肌襦袢を詳しく見たい方はこちら

半衿・重ね衿

被布4

半衿(はんえり)は襦袢の襟に縫い付けて、祝い着の下からちらりと見せます。

上のように、刺繍入りだとさらに華やかになりますね。

重ね衿は祝い着の衿元に縫い付けて、こちらもちらりと見せます。

重ね着をして華やかに見せる、平安時代の貴族の装いから由来していると言われます。

>>七五三用の半衿・重ね衿をもっと見たい方はこちら

草履

被布6

下駄の仲間の、木の素材でできた「木履(ぽっくり)」もありますが

3歳のお子様には、履きやすい「草履」の方がお勧めです。

>>七五三用の草履をもっと見たい方はこちら

志古貴(しごき)・兵児帯(へこおび)

被布7

祝い着を固定するため、被布の下で結ぶための帯。

上の写真は「しごき」です。これは、7歳のお祝いの際にも、帯の下に巻いて使えます。

>>七五三用の志古貴をもっと見たい方はこちら

>>七五三用の兵児帯・作り帯をもっと見たい方はこちら

hihu1-4

昔は着物の裾をあげるために使用していましたが、現在は飾りものとして使用します。

>>七五三用の四つ身着物をもっと見たい方はこちら

被布で見えないけど、兵児帯や志古貴を使うべき?

大人が使うような幅の狭い腰紐でも問題はありませんが、多少締めつけがありますので、幅が広いものを使った方が身体への負担は少なく済むかも。

七五三の由来は?

「髪置きの儀」から始まった行事が七五三

被布10

その起源は、平安時代までさかのぼります。

平安時代は、男女とも3歳まで髪を伸ばさず、みな坊主頭にしていたそう。

乳児の頭を剃ることで、丈夫な黒々とした髪が生えてくると信じられいたんです。

それに、当時は生きていくにも厳しい時代、7歳までは「神の子」として、まだちゃんと成長できているかわからない…という状態。

そう、「髪置きの儀」は、子どものすこやかな成長を願って、初めて髪を伸ばし始める儀式だったんです。

現在は3歳の女の子が中心ですが、以前は男子も行っていたんですね。

地域によっては、現在でも男女ともお祝いするところもあるそうです。

現代では七五三の着物の色柄はさまざま

hihu1-5

女の子の大好きなピンクがかわいい被布&着物や…

>>被布セットをもっと見たい方はこちら

hihu1-8

水色と赤の組み合わせで爽やか&キュートな柄行きも良いですね。

このように、現代では色柄が豊富な可愛いセットがたくさん出ています。

まとめ

いかがでしたか?

七五三は、今も昔も変わらない、子どもの成長を願う行事です。

キステでは、上のアイテムが全て揃った「被布セット」から小物単品まで、一式揃っていますよ~!

気になったらのぞいてみてくださいね。

>>キステの七五三特集ページはこちら

 

被布姿がもっと可愛くなる!3歳女の子のための4アイテム

2015.08.20

「もっと自由に・もっと自分らしく」
着物ライフを楽しみませんか?


キステでは、着物をより身近に楽しんでいただくためにネット通販を行っております。
トータル和ライフセレクトショップをテーマに、着物や帯などのメインアイテムから、草履や草履バッグセット、帯締め・帯揚げ・髪飾りなどの装飾小物、ご着用の時にお使いいただく着付け小物やギフトに最適な和雑貨、結婚式や成人式・行事ごとなどに便利な着物レンタルなど、定番品から一点もの、レンタル品まで多数取り揃えております。
みなさまの思い出作りにご活用いただけたら幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!