黒留袖の必需品!「末広」の使い方と式場マナー

~結婚式の留袖を着る人に必要とされる「末広」について~

こんにちは!こだわり着物専門店キステです。

秋口からは、涼しくなってきて結婚式にぴったりのシーズンを迎えます。

結婚していて、かつ娘や息子の結婚式、親族の結婚式の場合、黒留袖を着るのが基本ですね。

黒留袖で出席の場合、「末広(すえひろ)」が必要になのはご存知ですか?

末広とは、帯に挟んである扇子の事です。

わが子や親戚の結婚式が控えている方、知っていて損はない式場でのマナー。

今回は、意外と知らない「末広」の、基礎知識から式場でのマナーまでお伝えします。

末広(すえひろ)とは

地紙が骨の両面に貼られた扇のことで、「祝儀扇(しゅうぎせん)」とも呼ばれます

女性用は、漆塗りが一般的で、両面が金銀の紙が貼られています。

ちなみに男性用は、女性用とは異なり竹骨の白い扇です。

その名の通り「末広がり」の形をしており、おめでたい気持ちを表します。

末広の正しい挿し方

末広2

大事なポイントは4つ。

1:開く方を上にする

2:自分から見て左側に差し込む

3:挿しこむ場所は帯と帯揚げの間

4:帯から出し過ぎない

この4点です。

上の写真の末広は、すこし長めに出していますね。

末広の持ち方

式の間はほぼ挿したまま!披露宴の立礼の際には手に持ちます

持ち方としては、

1:右手で根元を持ち、

2:帯の前で

3:外側の塗りの部分に人差し指を沿わせるように伸ばす

4:残りの4本の指は胴を包み込むように自然に囲む

5:左手は扇の下から軽く添える

上の4点、美しい立ち姿を演出してくれますよ。

これはNG!注意すること

末広は、儀礼の際に必要になるもので、殆ど実用性があるものではありません。

(慣れている方は、御祝儀を出す際に扇にのせてお出しする方もいます)

そんな中で、これだけはマナー違反!というのが扇ぐこと!!

涼しさを届けるためのものではないので、パタパタと仰ぐのはNGです。

末広の購入で悩んだら

久々の黒留袖、たんすの奥から帯揚げや帯締め、末広を出してきたら

「白色が黄ばんでた…」

「扇子が痛んでる…」

というのはよくあること。

特に正絹(シルク100%)の白・金の帯揚げは、劣化により黄ばんでいることも多いのです。

大切な一日に、黄ばみのある白の装いはお勧めできません。

それに、末広はどんなものがいいかわからない!という方にもお勧めなのが、帯締め・帯揚げ・末広の3点セットです。

白×金の帯締め・帯揚げのセットと、末広が付いた3点セットは箱入りで保管も便利。

第一礼装で臨むときは、真っ白な美しいアイテムで臨みたいですね。

>>帯締め・帯揚げ・末広3点セットはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

折角の晴れの一日、素敵な着姿、ふるまいで当日を過ごしてくださいね!

キステの留袖レンタルは、末広や小物などもすべて揃ったフルセットレンタルになっており、安心なのでおすすめです!

黒留袖・色留袖を着る際に必要な小物リスト

2017.02.15

結婚式の着物~黒留袖・色留袖編~

2017.02.02

黒留袖・色留袖に相応しい人気の草履バッグセット5選

2015.10.19

留袖に最適な草履バッグセットのデザインとは?黒留袖・色留袖着用時の草履バッグセットの選び方

2015.10.17

知ったらもっと好きになる!留袖の柄・文様の意味と由来について part2

2015.09.14

知ったらもっと好きになる、留袖の柄・文様の意味&由来について

2015.09.11

結婚式ではぜひ和服を!格式ある黒留袖のマナーについて

2015.08.07

「もっと自由に・もっと自分らしく」
着物ライフを楽しみませんか?


キステでは、着物をより身近に楽しんでいただくためにネット通販を行っております。
トータル和ライフセレクトショップをテーマに、着物や帯などのメインアイテムから、草履や草履バッグセット、帯締め・帯揚げ・髪飾りなどの装飾小物、ご着用の時にお使いいただく着付け小物やギフトに最適な和雑貨、結婚式や成人式・行事ごとなどに便利な着物レンタルなど、定番品から一点もの、レンタル品まで多数取り揃えております。
みなさまの思い出作りにご活用いただけたら幸いです。ぜひお気軽にご利用ください!